PC-IT業界(SE・プログラマー)の自己アピールのポイントと例文集

自己アピールのポイント

ソフトウェア開発の中核的存在として、Web系・制御系・オープン系・汎用系など分野によって求められる専門技術も違うため、募集企業の求めている技術や人材を見極めることが重要です。それに沿った経験を有している場合は、どのような開発環境で、どのような分野を担っていたのかを整理しましょう。

未経験者の場合では、応募する企業に関連した業界の経験を有していることや、特定のシステムを使った経験を有しているなどといった点がアピールポイントとなり得ます。また、コンピューター関連の仕事といえども、良好な対人関係を築けるか否か、リーダーとしての資質はあるか、などといったことも選考に当たっては重要視されますので、そうした実績やエピソードは積極的にアピールしましょう。


PC-IT業界(SE・プログラマー)の自己PR例文1

主に金融関係のシステム開発に携わって参りましたが、そのなかで自身が最も意識し続けたことは効率的な作業を行うことです。

このことにより、納期を遵守することが出来たことはもちろん、チームでの作業を行う際にはチーム全員がモチベーションを保ち続けることが可能でありました。

今後も最新のITトレンドを追及する一方、その最先端の技術を提案するばかりではなく、クライアント様に最適な技術を提案していきたいと考えています。


PC-IT業界(SE・プログラマー)の自己PR例文2

会計関連のパッケージシステム開発に従事した後、 平成20年からは5名規模のチームリーダーとして流通系企業向け会計・生産管理システムの開発や運用サポートに携わりました。

そのなかで、それまで週次であったミーティングを日次に変更し、チーム内のミス軽減とコミュニケーション強化に成功いたしました。

今後も、これまでの開発経験を活かしたうえ、チームもしくは企業全体で成功を共有できるようなプロジェクトの成功を目指し、日々精進して参りたいと存じます。


書類添削が通らない方は、転職のプロ集団を活用すべし

ITエンジニアの場合、勤続年数よりも「それまでに何をやったか」「これから何ができるか」といった実務面の内容が重要になります。近い経験内容でも、履歴書や職務経歴書の書き方ひとつで採用、不採用が別れてしまうのが恐ろしいところです。

書類選考が通らない人は、書類作成のプロである転職エージェントに添削を受けてみるとよいと思います。無料なので私も登録したことがありますが、エージェントの力を利用することで、人事に刺さる書き方が分かり転職活動を有利にすすめることができました。

ITエンジニアを専門にサポートしている紹介会社があります。転職エージェントの数も多いですが、今は、調べると比較サイトがあり、私は口コミの内容とサポート対応エリア(地方はサポートしていないことがある)をみて判断していました。

参考ITエンジニアの転職エージェントを特集したサイト。各社の特徴がまとめてあるので自身に合う紹介会社を選ぶと良いでしょう。


参考サイト:
IT業界職種別・職務経歴書の書き方 システムエンジニア編 - @IT自分戦略研究所
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/sheet/02/02.html
SE(システムエンジニア)の職務経歴書の書き方 | アデコの転職支援
https://tenshoku.adecco.co.jp/knowhow/credentials/it/se/
プロが教える!職務経歴書の書き方サンプル集|SE(オープン・Web系)|人材紹介会社で仕事探し!イーキャリアFA
https://www.ecareerfa.jp/user?_T=UA_Entrance&_RID=UX102


カテゴリー

一般事務・営業事務
総務・人事
経理事務
秘書
貿易事務
個人向け営業
法人向け営業
ルートセールス
技術営業
MR
商品企画
マーケティング
プレス・広報PR
販売促進・SPスタッフ
ファッション・アパレル
販売・量販店・小売店
トラベル業界
PC/IT業界
介護・福祉業界
ホテルスタッフ
ブライダルコーディネーター
住宅・建設業界
出版・広告・web制作業界
機械設計エンジニア
CADオペレーター

copyright © 2012 自己アピール例文100選【業種・年齢別】一覧. All rights reserved.