個人向け営業(経験者)の自己アピールのポイントと例文集

自己アピールのポイント

個人向け営業の場合、例えば飛び込み営業やテレアポ営業、反響営業といったように
営業手法は多岐にわたっており、それに伴う成約率や成約件数も様々です。
募集されている企業が、自身の経験された営業手法をとっているのであれば、
当然ながらこれまでの実績として、扱っていた商材や月間成約件数などで比較的アピールしやすいでしょう。

しかし、それでも特殊な商材であった場合や全く異なる営業手法をとっていた営業実績でアピールしようとしても、
採用担当者はピンと来ない部分もあるかもしれません。
そういった場合は、年次の増加率で個人的な成長性をアピールしたり、
全国順位などによって一般的な水準と比べた優位性をアピールするといった手法もあります。

また、それらアピールできるような実績が残せていなかった場合は、
成約に結びつけるための工夫や自らが努力したことを伝えましょう。
商材や会社が変われば一気に成績が伸びるといったことも充分考えられます。


個人向け営業(経験者)の自己アピール例文1

約5年間にわたり個人顧客向けの営業職に就いておりましたが、
特に人と会話するのが得意であるとか、押しが強い性格ではないと思っています。
しかし、その点を補うべく、テレアポ件数と訪問件数を人よりも多くしたことが功を奏し、
前年度には関東ブロック(50人程度の営業人員)で3位の営業成績を残すことが出来ました。

このように、どちらかというとスマートな話術や営業手法を持ち合わせているタイプではございませんが、
個人のお客様の場合は特にやや口下手気味なほうが好感を持ってくださることも多いようで、
自分でもこの職種に向いているのかなと感じています。

今後も地道な努力を続けることで、貴社にとって重要な人材に成長できれば幸いです。


個人向け営業(経験者)の自己PRの例文2

不動産営業は成約一件あたりの金額が様々なため、
営業実績(売上)という側面では時期によってばらつきがあるものの、
高額な商材であるが故に少しのミスも許されないという点からは
責任感や緊張感といったものが自然と身に付いたように思います。

些細なミスや行き違いでお客様の信頼を損ねるのは不動産に限ったことではございませんので、
今後も扱う商品の知識やお客様対応といった側面では常に緊張感をもって業務に当たるつもりです。
それが、ひいては貴社の益々の発展につながるものと信じており、
これまでの自身の経験によって、その一助を担うことが出来ればと思います。


参考サイト:
http://mada40.com/syokumukeirekisyo/d4/
http://type.jp/s/pr100/sales.html
http://doda.jp/guide/syokureki/008.html


カテゴリー

一般事務・営業事務
総務・人事
経理事務
秘書
貿易事務
個人向け営業
法人向け営業
ルートセールス
技術営業
MR
商品企画
マーケティング
プレス・広報PR
販売促進・SPスタッフ
ファッション・アパレル
販売・量販店・小売店
トラベル業界
PC/IT業界
介護・福祉業界
ホテルスタッフ
ブライダルコーディネーター
住宅・建設業界
出版・広告・web制作業界
機械設計エンジニア
CADオペレーター

copyright © 2012 自己アピール例文100選【業種・年齢別】一覧. All rights reserved.